読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうちビールのすすめ

ビール屋さんの彼と暮らす管理栄養士の毎日

ツナ缶と猫缶は何が違うのか。

自己紹介 仕事
彼が出張で不在なので久々に実家に帰省しています。
 
今日はお仕事の話を書こうと思います。
管理栄養士をしているのですが、具体的に言うと高齢者施設で食事を担当しています。100人ほどが入居されていて、献立をたてる、食材の発注、衛生管理など。その他いろいろな調整をしています。
 
栄養士は私ひとりなので基本的には私の独断で食事内容を決めています。
 
作るのは調理師さん。
高齢者向けメニューなので柔らかく(歯に優しい)なおかつ渋い料理が多いですが、意外にもクリームコロッケとかオムハヤシなんかも好評でした。洋食メニューもお好きなようです。
 
日々の楽しみの大部分がお食事だという方が多く、責任の重大さを感じますが、それがやりがいにも繋がります。
 
この仕事をして3年目になりますが、難しさに直面したり、自分の詰めの甘さがほんとうに嫌になったりすることもあります。
 
起こってしまった失敗は仕方のない事で、その後どんな対応をするのかが重要だ、なんてよく言いますが、なかなかそうは割り切れず、くよくよ悩んでしまうこともしばしば。
 
そんなときは、他人の過去の散々な失敗談を世界中に聞いてまわりたいという気分です。
自分だけじゃない!という間違った安心感で気を紛らわしたい…。
 
 
ちなみに私が仕事以外で最近してしまった失敗を一つ発表すると、
 
 
ツナの炊き込みごはんを作ろうと、ツナ缶をあけて炊飯器に投入しようとしたら、
 
f:id:mehiko83:20160521015108j:image
 
よく見ると猫缶でした
 
 
 
(開けてから気付く)
 
 
あぶないいいーーーっ!
 
 
 
ちなみに我が家に猫はいないのですが、近所の野良猫ちゃんにあげる用に、彼がもらってきた猫缶だったらしいです。
(台所に置くのほんと危ない…!)
 
 
 
ほんもののツナ缶は奥にちゃんとありました。
 
 

f:id:mehiko83:20160519002053j:image

 
ビールは、オレゴンバーンサイドブリューイングのスイートヒートです。
ウィートエールをベースに唐辛子とアプリコットを入れたものです。
飲んだ瞬間はほんのり甘み、そのあとじわーっと辛さがきてスッキリと抜けていきます。
 
 
合わせた料理はツナの炊き込みごはん、さんまの塩焼き、あずきなのお浸し、だし巻き玉子です。
 
 
明日もがんばろう。

 
おしまい