読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうちビールのすすめ

ビール屋さんの彼と暮らす管理栄養士の毎日

レヴェレンドナッツハードサイダー


彼氏さんリクエストで、昨晩はカレイの煮付けでした。
スーパーにはババガレイ、真ガレイ、黒ガレイが並んでいたけれど、煮物向きで美味しいババガレイを選択。
 
ババガレイについて調べてみたら、「ババガレイ」は主に北海道だけの呼び名であり、「ナメタガレイ」と呼ぶのが一般的なのですね、無知でした。
 
   
由来・語源

ババガレイは北海道の呼び名。外見が薄汚れていて、皮がぶよぶよしているところが、年老いた肥った老婆に見えるため。

 
↑語源が失礼…!!!
 
f:id:mehiko83:20160420130931j:image
 
カレイの煮付け、青梗菜のお浸し、前日のあまったポトフです。



一緒に飲んだのは
Reverend Nat's Hard Cider
レヴェレンドナッツハードサイダー〕の
Hallelujah Hopricot
〔ハレルヤホプリコット〕

ハードサイダーというのはりんごを自然発酵させた後、ビールやワインの酵母を使って更に発酵をすすめたもので、りんごのお酒ではありますがよく知られているシードルとは少し違った製法ということです。

この「ホプリコット」というネーミングは、
サイダーに入っている「ホップ」と「アプリコット」からきているそうです。

ホップはカスケードとアマリロの二種を使用し
(ドライホッピングというやつらしいです)
コリアンダーオレンジピールスターアニス、パラダイスシードといったスパイスが入っています。

りんごとスパイスの香りがとてもよく、甘さは控えめで、さわやかな酸味が際立っています。

料理とも合わせやすいお酒です!


魚料理なら煮付けよりもムニエルとかの方が合いそうな感じです。


おいしかった(^^)


おしまい